一般的な葬儀に参列する時のマナー(服装、香典について)

葬儀は常識とマナーが問われる場所です

年齢を重ねていくと葬儀に参列する機会も増えてくるのではないでしょうか。
冠婚葬祭には、それぞれ独特なマナーがありますから失礼が無いように、ある程度の事は覚えておかなければなりません。
学生の頃までは、ご両親に従う事が一番と言えますが社会人になったら自分に責任が持てるように準備をしておく事が欠かせないのです。

礼服はいつでも出せるように準備しておきましょう

葬儀に参列する場合にまず必要となるのが礼服になります。
お通夜では急いで駆けつけたという意味で、簡単な服装でも構わないとされていますが、葬儀には男性なら黒のスーツに黒のネクタイと靴が決まりとなっています。
女性もやはり黒のスーツかワンピースでアクセサリーなどは着けない方が好ましいとされているのです。亡くなられた方の死を悼む場になりますので、そぐわない派手な服装やメイクはご遺族の方にも失礼にあたります。

香典を包む際の注意点

香典は亡くなられた方と参列する方の関係によって金額は違ってきます。
親戚の方など親しい間柄の方が亡くなられた際には、香典の金額は大きくなる事が一般的です。
香典袋はコンビニなどでも取り扱われていますが名前を書く時は、結婚式の時のようにはっきりと記入するのではなく薄墨の筆や筆ペンで書く事がマナーです。
ご遺族の方は親しい方を亡くされた悲しみや、葬儀などの準備で疲れているはずですから労りの言葉をかける事が必要です。
葬儀の際に手伝えるような事があれば、自ら進んで手を貸すべきです。もし受け付け係を頼まれた時には、早めに会場に着き準備をしておかなければなりません。
参列する方には芳名帳や香典帳に記名して頂いて香典を預かるのが役割です。式がスムーズに行われるように会場まで参列者を案内をする事も重要となるのです。

東京下で葬儀を行うなら